カテゴリ:黎明館周辺( 3 )

黎明館周辺の花々

今回は、緋寒桜、椿、豆蔦。

(緋寒桜)
a0268946_1153019.jpg

a0268946_1153160.jpg

a0268946_1153147.jpg

a0268946_1153249.jpg

a0268946_11531911.jpg

a0268946_9382432.jpg

a0268946_11545643.jpg

a0268946_11545726.jpg

a0268946_11573156.jpg

a0268946_11573293.jpg

a0268946_11573268.jpg

前の5枚は、黎明館裏手。
残りは、国道10号線沿いの民家。
国道沿いは車の往来が賑やかで、メジロもヒヨドリも近寄りません。

(椿)
a0268946_11573370.jpg

a0268946_11575072.jpg

a0268946_11575143.jpg

a0268946_11575115.jpg

a0268946_1158159.jpg

黎明館茶室の裏庭にある椿。
高い場所で咲いているので、背伸びとバンザイして撮っています。
人気がないので、不審がられません。

(茶室の庭園)
a0268946_12114012.jpg
a0268946_12114799.jpg

木立に囲まれた静かな茶室「楠芳亭(なんぽうてい)」。
御池に松が写り込んでいます。

(豆蔦)
a0268946_12192056.jpg
a0268946_12192756.jpg
a0268946_12193437.jpg

ウラボシ科 マメヅタ属。
樹木や岩肌や石垣などに根茎を這わせて着生するシダの一種。

(西郷さんとアオサギ)
a0268946_12262462.jpg
a0268946_12263190.jpg
a0268946_12264170.jpg
a0268946_12264876.jpg
a0268946_12265576.jpg
a0268946_1227282.jpg
a0268946_1227977.jpg
a0268946_1227174.jpg

国道10号線沿いに建つ軍服姿の銅像。
見晴らしが良くて気に入ったのか、1羽のアオサギがなかなか額の上から離れません。

(黎明館)
a0268946_12351189.jpg
a0268946_12352051.jpg
a0268946_12352739.jpg

正式名は、鹿児島県歴史資料センター黎明館。
明治百年を記念して鶴丸城本丸跡に建設、1983年10月開館。
島津氏の居住であった屋形造りの鶴丸城によく似せて造られているとか。
[PR]
by hana-dan7 | 2013-02-25 07:00 | 黎明館周辺

黎明館周辺の花々2/2

今回は、蓮。
前回のつづき。


ハス科 ハス属
インド原産
a0268946_11151833.jpg

a0268946_1115453.jpg

a0268946_11154653.jpg

a0268946_11154697.jpg

a0268946_11155778.jpg

a0268946_11155777.jpg

a0268946_11155879.jpg

a0268946_11155878.jpg

a0268946_11161028.jpg

a0268946_11161034.jpg

a0268946_11161123.jpg

a0268946_11161129.jpg
a0268946_1116255.jpg

花びらが、時折吹く風に煽られていました。
大きな葉っぱが捲れて、裏の白っぽい方に一斉に変わります。
暫く雨に降られて、バス停の狭い屋根で雨宿り。


a0268946_11251187.jpg
a0268946_11252062.jpg
a0268946_11252877.jpg
a0268946_11253639.jpg

蓮池は、泥池。
小学生の頃よく鮒つりに来ていましたが、その頃は水も豊富で池もきれいでした。

錦鯉
a0268946_11431824.jpg
a0268946_11432493.jpg
a0268946_11433170.jpg

県立図書館・黎明館の建っている場所は、島津藩の居城「鶴丸城」のあった場所。
お城といっても平城、天守閣はもともとありません。
[PR]
by hana-dan7 | 2012-08-05 07:00 | 黎明館周辺

黎明館周辺の花々1/2

今回は、熨斗蘭、蓮の2つ。

孫等をメルヘン館まで送り、七高濠に立ち寄ってみました。
台風10号が最接近中、暴風域が外れたので時折少し風が吹く状況。
雨も無かったので傘無しで濠の周辺を歩いていましたが、途中で降られてしまいました。
蓮が目当て。
風で蓮が大きく靡いていました。

熨斗蘭
ユリ科 ジャノヒゲ属
東アジア原産
a0268946_8485880.jpg

a0268946_8485879.jpg

a0268946_8485817.jpg

a0268946_8485921.jpg

a0268946_8492014.jpg

咲いていたのは、黎明館の庭。
七高濠の石垣の縁。
葉っぱが蛇の髭と似てるので、花が咲かないと区別がつけにくい。
実は、どちらもコバルトブルー。


ハス科 ハス属
インド原産
a0268946_8492166.jpg

a0268946_8492140.jpg

a0268946_8492243.jpg

a0268946_8493911.jpg

a0268946_8493983.jpg

a0268946_8494056.jpg

a0268946_8494028.jpg

a0268946_8495516.jpg

a0268946_8495515.jpg

a0268946_8495685.jpg
a0268946_924202.jpg
a0268946_9243033.jpg
a0268946_9244020.jpg

別名が、蓮根、ハスネ(蓮根)、蜂巣。
インド、スリランカ、ベトナムの国花とか。

枚数が多いので、次回も。
[PR]
by hana-dan7 | 2012-08-04 07:00 | 黎明館周辺